【人生100年】らしいですが、実は時間が無い!!!

数年前から、国も生命保険も、投資でも【人生100年時代】と盛んに言われるようになりました。

「人生100年時代」に向けて(厚生労働省) (参考サイト)

あなたも100歳以上生きますよ。ぜひ人生楽しんでください!

そう言われて、嬉しいですか?

いろんなことできるから楽しみ!

と思われますか?

お金が心配。必要分貯められるかな?

悩んでしまいますか?

 

まずこの時点で、FP相談員に話をするのはいかが? ちぇしるFP相談のご利用方法はコチラ

 

おそらく、ほぼすべての人は自分自身で寿命を決められませんし、若い方は自分の老後より、親の老後のほうが心配かもしれません。

なによりも『わからないし、想像できない』のが実のところではないでしょうか?

 

なぜわからないし想像できないのか?

例えば資産がかなり多く、自分や家族が人生を終わるまでに「お金に困らない」のであれば、【人生100年時代】も夢がありますね。
でも、私達日本人はお金の教育をしっかり受けてきていません。
税金がどうして必要か?またどう使われるか?
人が生きていく上でどれだけのお金が必要とし、また年金制度のようなものがどのようにみなさんに影響あるのか?

義務教育でも理解できるほどに教わることはありません。

それだけに、100歳生きるとして、いつどのような場合にどれだけの費用がかかり、そのためにどれだけの収入が必要になるか?
想像するにも難しいと思います。

たとえ100歳近く生きたとしても、今の高齢者の姿から見える現実では、健康面、体力面、そして経済面でつらい状況の人たちも多いのです。

健康で生き続け、ある日寿命を迎えて眠るようにこの世を去る人はそう多くはありません。
健康で過ごしてきた人でも70歳ぐらいから身体のどこかしらが弱ってきます。
高齢にともない身体が不自由になり長生きし続ければ、手元の資産は年金で賄えない分が減っていくことになります。
それは、本人と介護をする家族の資産にも影響していきます。

 

一般的に人生の流れや出来事は?

少し人生の出来事を想像できるようにイメージ画像を並べてみましょう。
もちろん、人生色々ですから、結婚しない、家を持たない、子どもを作らないなどもありますが、とりあえず、人が生きて生活していく中で起こりそうなことをイメージしてみましょう。

収入を得るために就職など

収入を確保するため就職などする。

 

結婚・出産

結婚・出産

 

教育費

教育費

 

経済情勢の変動で身に起こる様々なマイナス要因

 

年金問題

 

人生100年時代は老老介護の可能性あり

 

わからないなら気づけばいい!!

「何をどうしたらいいかさっぱりわからないよ!」

そのわからない状態からでいいので、ぜひ、FP相談員と話しをしてみてください。

あなたの年齢や家族構成、将来の夢やある程度の収入など、個人情報を伝える必要はありません。
まずFP相談員と会話してみてください。

きっと、何かの気づきに出会うはずです。

ちぇしるFP相談のご利用方法はコチラ

 

ちぇしるFP相談は「まず気付きましょう!」から始めるカンタン予約のFP相談システムです。

ぜひ気軽にご利用ください。

『ちぇしる』とは? 相談料は?

ちぇしる Q&A~よくある質問~

ちぇしるFP相談のご利用方法

FP相談員一覧 予約もコチラから

 

ご予約お待ちしています。